• トップ
  • 社協とは
  • プライバシーポリシー
  • 事業紹介
  • 職員募集
  • ボランティア
  • 事業報告・決算

ボランティア


ボランティア基金

皆さんから寄せられた寄附金は基金に積み立てられ、その果実(利息)は、社会福祉の向上に生かされます。

【基金の使われ方】
基金から生まれる果実(利息)は活動を盛んにする安定した財源となります。
たとえば、
ボランティアに関する広報、啓発
ボランティア活動の助成
ボランティアリーダーの育成

このページのトップへ

ボランティアセンター

ボランティア活動の拠点として設置されています。 ボランティア活動をしたい人やボランティアを求める人等のさまざまな相談に応じています。

【相談・派遣】
・ボランティア活動をしたい人の相談
「障害者や高齢者の方々のためにお手伝いがしたい」
「長年の経験を生かして何かの役に立ちたい」
「趣味をボランティア活動に生かしたい」

・ボランティアを必要とする人の相談
「ひとり暮らしでも楽しく過ごしたい」
「家の中で生活することが多いが、たまには外に出たい」

・ボランティアの登録
・ボランティアの紹介や派遣

依頼を受けたときの流れ ボランティア派遣依頼書

【援助】
ボランティアグループへの援助・協力
会合や研修などの場の提供
連絡会や例会などの開催

【研修・育成】
ボランティア関連の講座、研修会の開催
講師や専門家、助言者の紹介、派遣
ボランティア体験プログラムの実施

【広報】
ボランティア情報紙の発行  (年3回)

【保険の窓口】
ボランティア保険
ボランティア・市民活動行事保険
非営利・有償活動団体保険
移送中事故傷害保険

このページのトップへ

ボランティア登録団体
グループ名活動日主な活動内容
 1V(さんごじゅの会)@依頼に応じて
A毎週金曜日 
PM 1:30〜3:30
(定例会)毎月第3
@ひとり暮らし高齢者のお宅に、話し相手として自宅の電話で声の訪問
A収集ボランティア活動としてボランティアサロンを開催
 2V(縫心会)毎月第1〜4火曜日
毎月第2・4木曜日
手芸品、小物作り、リクエストに応じたリフォーム、不用になった着物などを活用したベスト・靴下カバー作り
 3手話サークル(虹)昼の部第2・4火曜日
夜の部毎週金曜日
聴力障害者との交流・手話学習
 4点訳V(たんぽぽ)毎月第1・2・4水曜日視覚障害者へ点字情報を提供
 5音訳V(ともしび)毎週木曜日視力障害者へ情報の音訳、対面朗読
 6V(エンゼルQ)隔月第1金曜日日赤救急法講習会等の実習支援、市防災訓練協力、障害者の運動会などの介助支援
 7リハビリ介護V(なかま)毎週月〜金曜日リハビリ訓練の通所者との交流と補助
 8在宅介護V(ほっと)随時 在宅生活の支援介護、文化教室、地域交流会
 9難病介護V(ふれあい)毎月第1・3月曜日難病患者・家族とのふれ合い
10送迎介護V(よりそい)随時外出・送迎介助サービス
11日本語V(パステル)日祝以外個別に相談来日外国人のための日本語教室
12パソコンV(パソ救)毎月第2土曜日
毎月第4日曜日
高齢者、障害者のパソコン指導や操作のサポート
13要約筆記V(ダンボ)毎月第4土曜日
9:30〜12:00
中途失聴・難聴者に筆記通訳
14シルバーアドバイザー
大東の会
随時歌体操・マジック・伝承玩具づくり
15トパーズ随時派遣ギター演奏を通しての交流
16パソコン・ドクター依頼要望・派遣パソコン訪問相談
17ジャグリングサークル
(大東芸)
毎月第2・4火曜日
19:00〜20:45
派遣依頼に応じて
ジャグリング練習およびステージでの活動
18大東傾聴の会(えがお)第3月曜日
14:00〜17:00
派遣依頼に応じて
施設や在宅を訪問しての傾聴ボランティア
19大東ハーモニカ
    アンサンブル
派遣依頼に応じてクロマチックハーモニカの演奏活動
20  音楽集団「懐メロネオン」 派遣依頼に応じて

施設や地域の催しで懐メロ演奏等の慰問活動

21  和楽部の会 派遣依頼に応じて  河内音頭、三味線、和太鼓、民謡などイベントや施設等出前訪問
(注):表中の「V」は「ボランティア」です。

このページのトップへ